個別記事の管理2017-12-10 (Sun)

前回の記事を書いてから、パタパタと古巣(前職/びくドン)の仲間たちに出会えた。

やっぱ、いいね~~、な~んにも話さなくても、
空気感が読めると言うか、私を知ってくれてるって言う感じが。(*´v`*)


line_ha19.gif


新しい職場に就いてから3週間。
「顔見に行くからね~」なんて言うのも社交辞令だったのかと思い始めていた矢先。
キッチンで一番信頼を置いていたYさんが声を掛けてくれた。

たまたま接客の後店の前までお客様を見送りに出た時、そこにYさんが居た。
「やっと会えた~っ!!」って。(笑)

びくドンのみんな、「居るかな~」と店の外側から遠巻きに会いに来てくれていたんだそうだ。
大抵は居ないか、居た、と思ってもスタッフと話していて声掛けられず。
新人だから教えて貰っている、とみんな遠慮してくれていたらしい。

そのYさんを皮切りに、ホール担当で一緒だった午前様まで飲んだSさんが。

続いて、これまたスタメンだったキッチンのTさん、Nさんと、立て続けに会えて。

「kotori*さん、きれいになった♪」ってみんな言ってるよ~って。(*´v`*)


新人の立場もあり、立ち話もそこそこで互いの近況報告がままならず。
あれこれの気掛かりをゆっくり聞きたくて、11/29日にYさんとゆっくりお茶しました。


    cut_a28a.gif


翌日の11/30(木)、再び書類のことでびくドンへ出向くことに。
一番気掛かりだったキッチンのKさんに会えた。
毎朝『毒』吐きながら(笑)仕事をしていたんだよね。(笑)
「kotori*さんが辞めてから吐けなくてキツイって」

その彼女も、希望としては12月いっぱいで退職を申し出ている。



互いに涙しか流せなかったホール仲間のMさんにも会えた。
この日は職体の日で、(中学生の職場体験)で、案内・指導役で相変わらず張り詰めていました。
辞めた人間が出しゃばるのも嫌味だなと思いつつも、様子と勝手がわかるのでヒョイと手助け。
この感覚、今の職場には無い、経験から出る行動なんですよね......


互いに”辞めた”感覚の無い、ブランクを感じない空気感が、
あの時のままに流れる空気感が、まるで実家に帰ったような心地よさでさー。

今の職場も楽しいんですよ。
いい所に就けたなって思っています。
でも、この”経験値”の違いって、言葉では語れない感覚を改めて感じました。


帰り、仕事を上がったキッチンのSさんとお茶してきました。


なんとも嬉しい数日間でした。(*´v`*)



にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
Theme : ファミレスの仕事 * Genre : 就職・お仕事 * Category : ファミレス
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する