sho* の流れが急速に

個別記事の管理2017-03-23 (Thu)

     cut_58.gif
line_ha18.gif


前回の記事の続きになるのだが.....


カウンセリングの日の夜、
在席中の高校担任から連絡が来る予定だったのが来ず、翌日の7時過ぎに電話を貰った。
私はもぅ出勤時間だったので、前日のカウンセリングの話を簡単に説明。
 (その話はこちらの記事から)

sho*が、通信制のY高校に行く様子に見えると伝えた。
担任は、その日にある”進級判定会議”で、できるならば明確な動向を伝えたかったんだと思う。
今までもずっとsho*のことを庇い、理解を示してくれていたんですよね。
で、最終確認である本人の口からも聞きたいので、午後、息子宛に電話しますと。


朝、息子とは話が出来ないので、LINEに、担任から連絡が行くこと、
そして、通信制に行こうと思うならば、「編入手続きをお願いします」とハッキリ言うように入れる。
そうしないと、先生たちも動けないんだからね、と。

在籍中である3月いっぱいまでのことを考えると、
先生たちだって、卒業式、受験、合格発表、そして入学式へと、一年で一番の多忙な時期と言える。
そこへ、こんな短期間に手続きお願いします、では本当に申し訳ない思いでいっぱい。(;_;)


   cut_40n.jpg


ロング勤務から帰宅すると、sho*は既にバイトに出掛けて居なかった。
結局、担任とどんな話をしたのかわからないまま、気になったまま。


夜、20時前に電話が鳴る。担任からだった。
息子との電話で、「Y高校へ編入の手続きをお願いします」とハッキリと依頼されたとのこと。

あー、言ったんだ......

私の正直な感想だった。


そこで、先生は夕方の進級判定会議で、編入希望の旨を伝えたとのこと。
そして、在籍中は教頭を通して編入先の高校との手続きがはじまるらしく、
「明日からでも直ぐに始めたいので、申請用紙に本人の署名が必要なんです」と。
sho*のバイトが21時までだと伝えると、少し過ぎた頃にお宅へ伺ってよろしいですか、と。

sho*の帰宅を待ち、編入希望用紙に署名。
先生は、「早速明日から手続きを始めます」とおっしゃって下さいました。

そしてsho*に、24日(終了式)までは在校生なんだから学校来てもいいんだぞ。
その後は講習会があるからな、3月までは在校生だからな、って。(笑)

なんかさー、嬉しかった。そんな風に言って貰えて......(;_;)
私の方が、このM高校と、そして、色々と骨を折ってくれた担任のT先生と縁を切りたくないんだな~。
この先生も、あと一年で定年なんですよね.....


   cut_40p.jpg


先生は、渡せなかったプリントや生徒会誌などを持ってきてくれた。

生徒会誌では、一年生から三年生までのクラス紹介が載せられ、
ほぼ、”一年間このクラスを振り返って”、をお題に一人ずつコメントが残されていたが、
sho*のクラスの担任は、入学して数ヶ月の頃に出したお題を載せてくれていた。
だから、sho*の名前も載っていた。

また、起立性と過敏性でなかなか登校できずのsho*だったが、宿泊研修には参加したんだよね。
前日、必要なものを急いで買いに行って送り出したんだよ。
その時のクラス写真に載っていたりと、なんかうるうるきそうでした。(;_;)
確かにsho*はここに居たんだな、って。


同じクラスに、sho*の他にも登校できない生徒が数名いたらしい。
この先生はそんな配慮までするのかなと、今まで接してきた人柄で思いました。
優しい先生なのだと改めて思い、感動やら、感謝やらです。


余談が長くなってしまいましたが、私の不安はまだまだ尽きません。

編入先の学校に受け入れてもらえるのか、
入学できたとしても、今まで拒み続けた提出物を果たしてやれるのか、
通信制なんて提出物がメインなのですからね。

私の職場に、sho*の一学年上の男子が居て、彼は「退学→Y高校」へ入学。
編入じゃなかった分だけ手続きが大変だったらしいけど、バイトでは即戦力の男子。
色々と学校のことを聞いては、sho*に伝える。
そんなことをしていたから、通うには遠いけどY高校を身近に感じたのかも。

そして、なんと言っても授業料の安さ!!
さすが道立だけあります。
桁が違います、他の学校とでは.....


とにかく、、この手続きがどう進んでいくのでしょうか......
面接となれば、未成年者は保護者同伴です。
久し振りのドキドキをアタシも味わうんかいっ!!(゜∀゜;)




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
Theme : 不登校 * Genre : 学校・教育 * Category : カウンセリング・転学
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する