母の命日

個別記事の管理2017-02-20 (Mon)
晴れ のち 雪.....


DSCF3734a.jpg


今日は母の8回目の命日。
8年も経ったんだな......

当時、sho*は小学2年生で、mana*は幼稚園の年長さんだった。


命日のこのブログを上げる度に、当時の記事を遡る。
先日のことの様に覚えているつもりだけど、細かいこと、少しずつ落ちている。
母の葬儀の詳細も、自分の為に残しておこうと思ったのに、
途中で書き切れなくて止まったまま。
大まかなことは覚えていても、小さなことはどんどん落ちて行くんだろうな~。

読み返していたら、悲しいとか、寂しいとかじゃなく、
ぽろぽろと涙が止まらなくなって途中で止めた.....


今日は夕方までの勤務だったんだけど、お花を供えたり、
大好きだったお茶やコーヒーを供え、普段よりは少し華やかになった仏壇。

亡くなった時に頂いた線香を、久し振りに使いました。
当時、非売品になってしまっていたため、大事に取って置いて、こういう節目に使っています。


そう言えば最近、夢の中にフツーに母が出てきていたような気がします。
いつもは泥の様に眠っている私ですが、(^=^; 母が出てくるなんて珍しいな~なんて思っていたけど、
そっかー、命日近かったからなんですね。

命日が近いことはわかっていたけれど、夢とのリンクは忘れていました。



母が亡くなった日は、あまりの大雪に神奈川に居る叔父や従妹が
飛行機が飛ばず葬儀の日を一日遅らせたほどだったんだけど、
今年の命日は、粉雪が降りしきる寒い一日でした。



いつも不精な娘でごめんね、おかあさん.......






にほんブログ村 その他日記ブログ 50代 日々のできごとへ
にほんブログ村
Theme : 日々のつれづれ * Genre : 日記 * Category : 家族のこと
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

* by コロン**
お花の色が春らしくてふんわりした感じが、kotori*さんのお母様の人柄を想像します。
供えてくれたこと、すっごく喜んでいるでしょうね(^^)

以前にkotori*さんが、「だんだん親の声を思い出せなくなっている…」というような記事を書かれましたよね。
その時、私も同じことを思ったんです。
20年前に亡くなった父の声が、もう殆ど思い出せなくて。
いつもプンプン怒っていた父だから、イヤと言うほど耳に残っていたはずなんですけどね(苦笑)

◆コロン**さんへ◆ * by kotori*

コメントありがとう!

早いですね...
とても8年も前のこととは思えないです。

お花もね、今はストーブを点けっ放しなので、
直ぐにだめになっちゃうから買ってなくて、
久し振りに買いました。(‐^▽^‐)
大好きな黄色のフリージアも店頭に出てきたけれど、
一輪で500円近くするのっ!Σ(*゚艸゚*)
高くて買えない.....(ToT)
仕方がないので、お店で大好きな香りだけ頂いてきます。(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する