個別記事の管理2016-08-27 (Sat)
晴れ

DSCF3330a.jpg
  【 撮影:2016/08/26 19時頃 東の空  **まるで山火事のよう** 】


昨日、sho*@高1の不登校息子の学校へ行ってきた。
前日、久し振りに担任から連絡が来たのだが、
渡したい書類を事務から預かっているのだが、
(息子が登校しないものだから)渡しそびれているとのこと。
封筒に貼られている付箋を見る限り、提出期限が月曜日だと言う。

息子の話も互いにあり、久し振りに早く上がれる日だった昨日、
仕事の後、学校へ行ってきた。


息子は相変わらずの状況で、
ここまでにイロイロ (`д´;)あった現在は何も言わずに見守るスタンス。

見守る、と言うと聞こえはいいが、放っておいてる、と言った方が
正直、私の心情に近いかもしれない。

担任の先生とはとても意見があって、お互いに理解しやすい。
そして、長い人生からみれば”今”を急ぐ必要は無い、と言う部分も同じ。
ただ、そこには高校の進級を諦めざるを得ないであろう現実もある。

親として、そりゃぁあれこれ色々思うさ。
あえて苦労するような道を選んで欲しくない、
自分が大変だった、こうした方がもっとよかった、と思うことは語り尽くしたさ。

でもねー、親や、心配してくれているたくさんの周りの方々の話を聞いても、
動く、動かないは、本人次第な訳ですよ......


また、私も渡しそびれていた(夏休みに入ってしまい)診断書を渡し、
期日が迫っていた書類も、事務の方に見てもらいながら記載して提出。

この書類、夏休み前に申請用紙を貰ってくるようにsho*に頼んでいたものだった。
たまにしか行かない学校の上に、嫌々登校していてもぅ頭の片隅にも無いんでしょうね。
とにかく貰ってきてくれないうちに私もメンタル弱ってすっかり忘れていた。


とにかく、久し振りに担任と話せてよかった。
欠席も今では”当たり前”の暗黙の了解、みたいなところがあって
学校とも連絡を交わすことが無くなり無礼を詫びてきたが、
担任は「その方がいいのかもしれない」と了解済み。
何度も頭を下げて学校を後にした。


職場でも、パートの雇用形態が変わる旨から、
社会保険等の話でザワ付き出して数ヶ月。
これもまたイロイロ あって、
腐に落ちないと言うか、理解できないと言うか、鬱積したものがあったんだけど、
やっと、店長の口からその話が直接私に出てスッキリ。


また、一年に一度のこの時期。
一人親家庭の支援給付に伴う面談がそれぞれの区役所であるのだが、
担当の当たり外れでホント、嫌な気分になることもあって憂鬱の恒例行事。
それも取りあえず無事に終わり、たくさん背負っていたものが少し軽くなりました。


あーーー、短い話にしようと思っていたのに長くなってしまいました。
周りの友達も、息子のことを心配して声を掛けてくれたりするのですが、
それを話すこと自体が物凄いストレスになってしまって、
なかなか外に出ることを避けてしまったり、
仕事がハードだった時期なので、何もしないで家に居たい、
と言う体力的にも精神的にもそんな気持ちで居ました。


ここまでお付き合い下さった方、ありがとうございました。
また、くだらない記事を備忘録として上げようと思います。




にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村


Theme : 高校生&中学生の母 * Genre : 育児 * Category : ひとりごと
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する