個別記事の管理2016-02-07 (Sun)

晴れ のち 昼から大雪.....
cut_61.gif


先週の5日金曜日。
先月末に亡くなった向かいのご主人のお悔やみを伝えに出向いた。
通夜にも告別式にも参列できなかったから.....


3日に初七日を終えたばかりで、まだホッとする間も無いだろうと
出向くタイミングを見計らっていて、玄関先で失礼しようと行ってきた。


「せっかくなのでお線香あげていって」と言って下さって、
お供え物と、お線香をあげさせていただいた。


まだ四十九日前の全てが白で統一された小さな祭壇。
7年前に母を、1年半前に父を見送った記憶がバーッと蘇る。


奥様からは病名は聞かなかったのだが、発症して1年。
遠くの病院から近くの病院に転院して1ヶ月だったと言う。

実のところ、転院はしたくなかったようで、
あまりの突然の訃報に家族中の誰もが受け入れられないのだとお話から伺えた。

そして、病院に対する府に落ちない点もあるようで、
余計に気持ちの整理が付かない様子が気の毒でならなかった。

私もそうだけど、だって、これってずっと心にしこりとして残る。
特に、医師や看護師さんたちと信頼関係が築けていないままだと余計にだ。



今日、このご家族の息子さんと同級生だという、
職場で一緒に仕事をしているRくんに会った。
病名を聞くと、難病指定されているものだった。
あの、アイス・バケツ・チャレンジで少し世間にも知れ渡ったものだ。


まだまだ四十九日まで、手続きやら何やらに追われる。
気が休まる暇も無く、悲しみさえまだ実感できないものと思う。
全てが一段落し、日常生活が戻ってきた時、
フッと”居ない”ということに気付かされて寂しさが増していくと思う。


お寺さんに言われた言葉を思い出す。


「寂しさは時間が癒してくれる。
 でも、会いたいという想いは募ってゆく」 と......






にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村




Theme : 日々のつれづれ * Genre : 日記 * Category : ひとりごと
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する