激闘のお盆!

個別記事の管理2015-08-17 (Mon)
晴れ


DSCF2013a.jpg
           ** 写真は、8/16 夕方 北西の空 **


先週、月曜日から週末に向かって来客数がみるみる増える。
一番の入りは、金曜日の14日だった。
ランチ帯だけで普段の4倍以上の入りだ。

スタッフは増えているとは言え、とにかく新人が多くて思うような回転にならない。
同じ忙しくても、体力的に忙しいのと、精神的にキツイのとでは、
疲れ方が全く違う。

昨日の16日は、店のオープン時の店長(今では当店を含むブロックリーダーに!)が
ヘルプに来てくれた。
このN店長がくるだけで、スタッフの士気が高まる。
そして、スマートな仕事さばきにやっぱ働き甲斐を感じる。
いつも忙しくなると、超機嫌の悪くなるオバカなテンチョーとは雲泥の差だ。
おかげで昨日は、ホールのエスコート担当もやりやすくて気分が良かった。


line_ha17.gif


札幌は、そろそろ今日を筆頭に学校や幼稚園が始まる。
今までランチ帯に来てヘルプしてくれていた学生さんたちもシフトに入らなくなり、
それでも、まだ今週いっぱい、今月いっぱいはなんとなく忙しい。
今日も普段よりは一人多い体制でシフトが組まれていたのだが.......


4番手に入ってくる子が体調が悪く病院に寄ってから来るとのこと。
この盆休み明けの病院なんてどう考えたって激込みとしか思えない。
しかし、調子が悪いとなれば致し方ない。

なんとかなるだろう.....と思っていたら、

えらいことになった.......( ̄Д ̄;)


普通の週末並にどんどんお客様が来店し、
ホールはなんたって二人しかいない。
私がエスコートをし、テンチョーがオーダー取る専門。
帰った席の片付けなんて出来る暇もなく、
とにかく空いてる席へ、空いてる席へとご案内。
しかし、それにだって限界が来る。

お客様からしてみれば、なんだかガラガラ空いてるのになんで待たされる!!
とご立腹で、「空いてるならサッサと案内すれやな」と言葉を叩き付ける。

空いてる席に案内すると、隣のまだ片付いていない席を指差し、
「ここ片付けて!こっちの方がいいわ」と。
確かに、席が空いていればもちろんそちらにお通ししたいのは山々ですが、
なにせ、片や席に付いたお客様の注文を聞いて回るが精一杯のスタッフ。
この席を片付けろと簡単におっしゃられても、片付けるのは私しか居なく、
ロビーには山ほどお客様が待っているわけです。
ご案内できる方もたくさんいるのに、ここを片付けることで時間を取られる。

しかし、そんなのはお客様には関係の無い事情.....
文句も言えるわけなく
ロビーのお客様を更に待たす形で希望に沿うしかないわけで.....


こういう仕事に携わらないと、内部事情なんてわからないですからね。
私も学んだ一人です。


とにかく、今日は来るはずだったスタッフが時間通りに来たとしても
かなりキツイ状況だったのは容易に察するのですが、
そのスタッフが来なかったのですから、とんでもない数時間でした。

多分、今日のアノ時間が、一番の忙しさだったことには間違いないです。ハイ。

帰宅するとついつい飲んじゃって、疲れも相まって早い時間に眠くなります。
さぁ、明日はいったいどうなるんでしょうか......(´д`lll)

今日よりは来客数が減ったとしても、揃うメンツがイマイチなので、
激務になることには間違いない気がして今から引け腰でございます。(*´Д`)=з



にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

Theme : ファミレスの仕事 * Genre : 就職・お仕事 * Category : 仕事のこと
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

No Subject * by コロン**
kotori*さんの【激闘レストランの裏側】なる記事を楽しく…いやいや、楽しくだなんて言っちゃいけませんね。
ファミレスに行くと、店員さんはいつもニコニコと接してくれているから、客として行く私たちには知ることの出来ない裏側って、こういうことになっているんだ…と、引き込まれるように読ませてもらいました。
私たちがお盆休みでゆっくり過ごしていても、レストランは繁忙期でてんてこ舞いなんですよね。
人手不足な上に、経験不足等で動き回れないスタッフがいると、否応無しに出来る人に負担がかかるものです。
仕事が出来る人が疲弊して体調を崩し、休む又は退職となると、お店の損失はかなりのもの。
そして、新たに採用した人を一から育てる…なんてことばかり繰り返していると、お店としての機能が果たせず、大変なことになります。
kotori*さんが辛抱強いから、店長さんは甘えているのでしょうね。
スタッフがどのような状況に置かれているのか、店長さんはきちんと把握して欲しいですね。
あ~なんか、15年前まで働いていた職場の激務を思い出してしまいました(笑)
kotori*さん、体を壊しては、元も子もありません!!
帰宅後のビール、いいじゃないですか~(≧▽≦)
その1杯で、心身共に少しでも癒されるなら、栄養ドリンクと思って飲んじゃって下さい!
私はあまりビールが飲めないのだけど、サッポロクラシックは大好きです~(≧▽≦)←クラシックを年に1本飲めたら幸せ♪


コメありがとう * by kotori*
◆コロン**さんへ◆

昔の人はよく言ったもので、
「盆暮れ正月」は当店の三大ピーク!
特に、近隣に三箇所の墓所があるのと、
帰省の大動脈である国道沿線なので盆が一番忙しい。

オープンして9年目になるのですが、
こんなに人材が揃っていないのは初めて。
今のおバカなテンチョーやシャインは人を使えない人達なので
オープンメンバーのオバチャン達(私を含め)
当然覚悟はしていたんだけどね~。

とにかく、こんなに混雑しているのにお客様の要望は凄い!!
アレルギーならともかく、嫌いだからマヨネーズ抜いてくれとか、
子供のふりかけは掛けないでとか、タマネギ抜いてとか、
パフェのソースは抜いてとか.......

こっちは滝のように流れてくるオーダーをこなすのが精一杯だし、
作る過程は体が覚えちゃってるのでつい掛けちゃったりするし、
そもそも、注文の時点でそういう要望を言われると、
それをキッチンに伝えなければならずわざわざパントリーに行かなければならない。
席の片付けも、ご案内も、注文取りも、ひっきりなしなのに
その為だけにパントリーに行かなければならない。

更には、「離乳食温めてー」とか、哺乳瓶を突き出して
「ここまでお湯ください」とか平気で言われます。

電子レンジは業務用だし、それ故に張り付いていないといけないし、
更には、キッチンさんがオーダーこなすのにレンジは必要だし
お断りしたりします。
哺乳瓶の場合は、別な容器でお湯と水をお持ちして
お客様自身に配合してもらいます。

凄いのは、子供のうどんを「短く切ってください」とか言われ、
こちらはステーキナイフをお貸しすることで対応します。

なんか、自分の子育てとは感覚が全く違って目が飛び出ます。
ミルクのお湯なんて持ち歩きましたよ、魔法瓶に入れて。

通常業務の時ならいいんですよ。
サービスで抜くことは受けられるのですが、
こっちは提供までの時間勝負なのに、あーだこーだと要望を言われると仕事が止まってしまうんです。
更には、忙し過ぎてキッチンに伝え忘れたりすることもあり、
ご要望に沿わないとクレームになります。
「抜いてって言ったのに!」と.....(´д`lll)
酷い時は「作り直し」になります。
ここで、キッチンさんも、配膳担当も歯車が狂ってきます。

嫌いならば残して下さい、って言いたいくらいです。
あと、「子供のだけ先に持ってきてもらえますか」とか言われますが、
これもキッチンさんにはとても難しいことで
こういう特殊な忙しい時にはお断りさせてもらいます。

ただ、名誉回復で言いますが(笑)、通常の時は、
寝てしまっていたお子様が起きて食べる時、
そんなタイミングに気が付けば「ハンバーグを温め直しますか?」と声を掛けたりします。

出来る時と、出来ない時があることを、
お客様自体も店の様子でわかっていただけるとありがたいな、と思います。

うちのテンチョーはオレ様なので、従業員のことも全く考えてません。
指示も出せませんし、そのくせ動きが悪いと一人でイライラして
空気が超悪くなってるのにえらそうです。

まっ、こんなことを偉そうに言っている私自身も、
若い頃は接客業は大の苦手で裏方専門でした。
ITのデータ入力とか、銀行の裏方オペレータとか。(笑)
離婚してとにかく職に就かなければならなくて今の所に。
色んな人が居ることは知っていたつもりでしたが、
まさにリアルタイムで対応しなければならない術は
ここで勉強させられましたよ。(笑)

ごめんなさい、疲れすぎててグチになっちゃった。(^o^;)
ビールは栄養剤どころか、私の血液だと思うほどののん兵衛です。(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する