個別記事の管理2015-02-07 (Sat)
晴れ


      cut_97.gif
line_36.gif


このところ、母を夢に見るのが続いている。
今はもぅ無くなってしまった実家に、当たり前のように母と居る。


先日、夢でもあり得ないと思う行動を私が起こし、
事後報告状態で母に伝えている夢を見た。

それに対しての母の一言が、他人からは決して出ない返答で、
「あー、いつも私たちを見ていてくれているんだな~」と
目が覚めてもほんわりした気持ちになった。



cut_a68a.gif




少し前まで、「最近、夢にも出てこないな~」と思っていたのに、
今は毎日見ている気がする。

あーそうか、今月、七回忌になる命日が近づいているんだ.......



そう言えば、昔、母も言っていた。

母の母、私の祖母だが、
まぁ事情が複雑で母は実母と一緒に暮らすことが出来ず、
大人になってから命日だけを人伝に聞いていただけだったのだが、
「命日月になると、よく夢に出てくるんだよね」と......



そんな私の母と、私の祖母は、命日が一日違うだけなのだ......




line_ha08.gif

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村
* Category : 家族のこと
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

No Subject * by コロコロ
読んでいて、ちょっとウルッときちゃいました。
命日が1日違いって、偶然とは言えないような気がします。
親子の絆を感じてしまうのは、私だけでしょうか。

実は、我が家の息子達は、予定の帝王切開で出産しています。
その次男の帝王切開の予定日は、亡き実父の命日と同じ日だったのです。
もちろん、私の希望日ではなく、ドクターが決めたこと。
ビックリしました!本当に驚きました!
父の生きている姿を見たのは、喧嘩別れをしたその日が最後。
仕事中の事故だったので、突然のことでした。
高齢でチビ助を産むという大きなリスクを抱えての出産。
父の守りを感じぜずにはいられなかったです。
すみません、長々と。

コメントありがとうございます * by kotori*
◆コロコロ さんへ◆

命日って、身内の誰か彼かに近く、その方が迎えに来てくれる、
と聞いたことがあって、一緒に暮らすことの出来なかった母親だったので、
母の実母が迎えにきてくれたんだったらいいな~と思いました。

息子さんとお父様のお話も、やっぱり何かを感じますね。
守ってくださったんですね。

闘病は大変ですが、それでもお互いに少しずつ覚悟が出来ます。
突然の別れは、受け入れるのに時間の掛かったことでしょう。
ましてや、コロコロさんの場合、色んな想いがあったことでしょう...

両親を亡くしてからの方が、とても身近にいるような気がします。


コメント







管理者にだけ表示を許可する