そんな辞め方って...

個別記事の管理2015-02-01 (Sun)
雪 時々 晴れ


        cut_40p.jpg
line_001a.jpg


ディナー帯で働いていた一年生の女子学生が突然辞めた。

現在、ディナー帯で働いている学生は、みんな卒業を控えた三年生。
一月いっぱいで辞めた子を始め、二月いっぱいまで、三月まで、と言う感じで
三月までにはディナー帯の戦力を失うことになる。

募集を掛けてもなかなか人員が集まらなく、
唯一、一年生のSちゃんに期待が掛かっていた矢先の話だ。


月曜の夜に、Sちゃんの保護者となる「お姉さん」から連絡があり、
学業の成績が不振であると学校に呼び出されたのを理由に、
「明日からアルバイトを辞めさせます」とのこと。

シフトは、その週と、翌週のも既に出ており、
直ぐに辞めるということは、一緒に働くものにしわ寄せがいくことになる。
せめて出た分のシフトは消化してもらえないかと話したものの拒否。

翌日に入っていたシフトから彼女は来なくなった。


      cut_a21a.gif

昨日、テンチョーから詳しい話を聞いてみると、
本人は「辞めたくない」と言っているらしい。
更に、「直ぐに辞めることは一緒に働いている人たちに迷惑を掛ける」と....

本人は良識を持っているのがわかる。

テンチョーも、こういう辞め方は本人のためにもならないし、
今後、友達とお店に食べに来ることもできなくなるのでは、と
色々と話したようなのだが全く受け付けずだったそうだ。


line_001a.jpg



Sちゃんの家庭環境にまで首を突っ込むつもりは無いが、
どうやら母親が居なく、25歳のお姉さんが「保護者」となっているらしい。


年末にSちゃんがインフルに罹った時も
お姉さんから休みの連絡が入ったらしいが、
Sちゃん本人が「自分の代わりに出勤してくれる人を探さなきゃ」と言うにも関わらず、
「とてもそんな状態ではありませんのでお店の方で何とかして下さい」とお姉さん。

この時点で、テンチョーも「んっ!???」と思ったようだ。


この時も、また、今回の件も、
本人自体は良識があるとわかったテンチョー。
保護者に「周りに迷惑が掛かろうが辞めさせます」を貫かれては
こちらもこれ以上は言えない。
「わかりました」と電話を切ったそうだ。


ボソッと、「これから先も彼女には「あのお姉さん」が付いて回るな~」と。


「お姉さん」がどんな方かは知らないのでなんだかんだ言えないが、
以前、Sちゃんのお兄ちゃんもキッチンで働いていたらしいのだが
これまたバツンと辞めたらしい。
道理で、在籍していたのも知らないくらい短かったのだろう。


「働く」と言うことの「責任」。
お姉さん自身もどうやって生きているのだろう......



line_ha08.gif

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村

Theme : ファミレスの仕事 * Genre : 就職・お仕事 * Category : 仕事のこと
Comment : (-) * Trackback : (-) |