mana* イボのその後

個別記事の管理2014-06-24 (Tue)


晴れ


    cut_40b.jpg

line_001.jpg


修学旅行さえ控えていなければ、こんなに焦って自己治療はしなかったのだが、
とにかく、歩行に支障が出ないようにしてやりたくて必死だった。


液体窒素で焼いてから水膨れが数日続く。
要は、水を抜きながら、下に新しい皮膚が再生され、
イボを含むその角質が剥がれ落ちる、ってことなのだが、
この水膨れがなかなか引かない。

だいぶ水が出なくなった頃、思い切ってイボ○ロリをそのイボの角質に貼る。
直接その部分が歩行時に当たらないよう、ドーナツ型の保護パットを貼る。
更に、歩行時足裏のクッションになるように収縮する包帯をクルクル巻く。

それで数日間。
痛みを感じないで外遊びまでするようになっていた。
本来なら、ここから緩やかに角質を除去したいところだったのだが、
修学旅行先でこれらの手当てをmana*一人でするのは大変だ。


薬で角質がかなりやわらかくなった時、思い切って角質を剥がす。
患部はまだジュクジュクしていたが、
今度はバイ菌が入らないように、かつ、乾燥させようとイロイロ試行錯誤だ。


しかし、
ここ数日は今まで通りの手当てをしても歩くのが痛いらしい。
思うように歩けなくて、mana*のストレスがこちらに向かう。( ̄Д ̄;)
かわいそうだと思ってこっちも必死なんだよ!!



その数日で、やっと患部が乾いてきた。
これならば直接絆創膏が貼れる。
今まではそれが出来なかったから保護パッチを貼ったりしていたのだが、
どうやらそれが歩く度に痛みを感じさせていたらしい。

やっとあれこれしなくても絆創膏一枚になり、歩いても痛くないとのこと。
なんとか明日の修学旅行までにはこれでいけそうだ。
今日よりは明日の方がもっとよくなっているさ。

そう話すと、やっとmana*の顔に笑顔が戻った。



line_ha12a.gif

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

  ”クリック” して貰えると、
     日々の疲れも吹き飛ぶかも~。(*≧▽≦*)

Theme : 小学生&中学生の母 * Genre : 育児 * Category : 子供のこと
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する