父:sho*と見舞いに

個別記事の管理2014-06-20 (Fri)

曇り のち 晴れ


     cut_40i.jpg

line_ha18.gif


今週末、土日出勤の私は平日の二回目のお休み。
だが、前回の休みにmana*と病院へ行ってみたら、
仕事帰りのヘロヘロで行くよりずいぶん楽だとわかった。
期末試験が終わり、前回一緒に行けなかった父の病院へ今度はsho*と出向いた。


何か食べたくなるような物を持っていこうと気付いた。(遅い....)(^_^;)
と言うのは、父の食べられなさを見ていると、亡くなった母が重なる。
母の場合、塩分制限や水分制限があって持込が出来なかったため、
なんとなく頭の中で勝手に思い込んでいた。

しかし、食に関しては昔から拘りのある父。
どんなに調子が悪くてもお粥はやわらかくて大嫌いで普通のご飯。
それも、相当の硬い飯が好きなのだ。

刺激物も大好きだし、ゼリーだの、プリンだの、茶碗蒸しだの、
若い時から好きではない。

水羊羹とかイロイロ持って行ったけれど、案の定、見ただけで要らないと言う。
とにかく胸に詰まって入っていかない。無理に入れると逆流するの一点張り。

冷蔵庫もないし、雰囲気からこれらの物は食べないのは容易に察しが付き持ち帰る。
ただ、板チョコだけは食べてみる気になったらしい。



*** 後は、私の備忘録として残すので「追記」のページへ



line_ha12a.gif

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

  ”クリック” して貰えると、
     日々の疲れも吹き飛ぶかも~。(*≧▽≦*)



看護師さんに様子を聞くと、「少しずつ食べられてますよ」と言うものの、
本人の口からは「入院する前日の夜から全く食べてない」とこぼす。
確かに、空腹は満腹感が得られないと簡単には満足できない。

腹に力が入らず、歩くリハビリもやる気さえ失せている。
とにかく、体の調子が底辺にいるわけで、気持ちも元気にはならない。

また、今朝の担当医の回診で
「ずっと居てもいいんだよ」と言われたことに見捨てられたような気がしたらしい。

それは、不安なのに急いで帰ろうとしなくてもいい、と言う
安心させてあげようという思いからの言葉だったのだが、
もう出られない、と思ったようだ。


とにかく、メンタルの部分が今はネックだ。
その旨を看護師に伝えた。



あ~、今日は母の月命日だ.....


line_ha12a.gif

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

  ”クリック” して貰えると、
     日々の疲れも吹き飛ぶかも~。(*≧▽≦*)

Theme : 今日の出来事 * Genre : 日記 * Category : 家族のこと
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する