父の病院と膝痛...

個別記事の管理2014-06-02 (Mon)
晴れ

    cut_40i.jpg
line_001.jpg


今日は、以前の大きな病院から、近場の緩和ケア病棟のある病院へ紹介状を持って行く。

そこで診てくれた先生が、偶然にも去年の10月に診てくれた先生だった。
その時は新患外来だったのだが、緩和医療も担当しているとは知らなかった。

その時に見つけて上げられなくて気の毒なことをした、と。
まぁ、レントゲンだけでは難しかったかも。
CTまでいかないと。
そもそも、その疑いがあって外来に行ったわけではなく、別な症状だったし。

まぁ、とにかく、色々と説明を受け、次は二週間後の診察となった。


その後、緩和認定看護師さんと今後の事を少し話し、
この看護師さんも、病院のソーシャルワーカーさんもいい感じの人で安心した。


相変わらず、父はどこまで聞こえていて、どこまで理解しているのかわからない。
「俺はなんもわからんから」だけで、自分の体なのに知ろうとしない。
まだ何の症状も出てなくて、ピンとこないのもわかるんだけど、
大雑把にでも「こうしてくれ」ってのがないんだな~。
それって、いざ、って言う時にこっちが困る。(*´Д`)=з


line_001.jpg


今日は、父の病院の前に、自分の膝の病院へも行かなければならなかった。
そのためにわざわざ早出の出勤にしてもらったのに、運動会の代休だったせいか
店はだらだらとずっと忙しくて、とても抜けられる状況に無かった。
13時半上がりの予定だったのに、気付いたら15時になろうとしていた。
父は15時20分に家に来てもらうことになっていて、
申し訳なかったが、少し一段落仕掛けた頃に「ごめん、上がる」と抜けてきた。

おかげで、今日はとっても膝が痛くて、やっぱりダメだな~とガックリだったのに、
更に病院へは寄れず、この猛暑の中自転車をこいで急いで帰宅。
10分もしないうちに父がタクシーでやってきた。

疲れた......


私の病院は明日か......と思ったら、mana*の修学旅行の説明会が!
しかし、病院を更に翌日にずらすと担当の先生じゃない。

とりあえず、仕事に足は大事なので病院を優先することにする。
間に合えば、その足で学校へ直行しよう。

今週はsho*の病院へも行かなければならないし、
職場の懇親会も夜にあって、どうやら今週も朝から晩まで忙しい週になりそうだ。

    (´_`。)

ガンバレー、アタシー!!






にほんブログ村
  クリックして貰えると、
     日々の疲れも吹き飛ぶかも~。(*≧▽≦*)

* Category : 家族のこと
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する